何気ない電話をテレセにする方法

テレセほど、手軽な性サービスはないでしょう。
しかし、有料コンテンツというのが傷です。
彼女やらセフレやらがいれば、そうした人とテレセを楽しむことが出来るでしょうが・・・残念なことに、私は独身。
おまけに、異性友達も皆無です。
そのため当初は、有料コンテンツのテレセを楽しんでいました。
しかし、楽しめば楽しむほど出費はかさみ・・・さすがに生活費を削るわけにはいかないので、思い切ってサービスを退会しました。
それから私は、いかに安くテレセを楽しむかを模索。
最終的に辿り着いた方法は、その手のマッサージ店への問合せでした。
所謂“エッチなマッサージ”をしてくれるという噂の店に電話を掛け、サービス内容を問い合わせる振りをして、徐々にいやらしい会話へ誘導します。
しかし、私と同じ手法でテレセを楽しもうとする輩は多いらしく、慣れた店員には軽く回避されます。
しかし、なかには好き者な店員もいて・・・私が誘導するや否や、待ってましたと言わんばかりに熱い吐息を聞かせてくれた方もいました。
この方とのテレセは、本当に楽しかったです。
向こうは事務室で、いつ同僚が来ないか警戒しながら、声を潜めて体を弄り・・・。
しかし、それが余計に興奮を煽るのか、女性は頻りに「イっちゃう」と小さな声で連呼していました。
残念なことに、この店は潰れてしまい・・・店員の女性ともそれっきりですが、あれ以上にいやらしい声は未だ聞けていません。
こんなことなら、無理をいってアドレスを聞いておくのだったと後悔しています。

テレセ相手は出会い系で楽々調達

テレセを楽しみたいなら、専門サイトより出会い系サイトがおすすめです。
無料サイト+スカイプほか通話アプリを組み合わせれば、時間を気にすることなく0円で没頭できます。
出会い系サイトの会員は、本当に面白いですよ。
実際の出会い(デート)はそれなりに警戒するのに、テレセに関しては二つ返事で「いいよ!」と。
特に、若い女性ほど乗り気。
きっと、若さゆえの好奇心が強いのでしょうね。
昨晩、僕とテレセをしてくれた女性とも、出会い系サイトで知り合いました。
この子は、本当に声が可愛らしくて・・・テレセ前の雑談の時点で、僕の大切なところは痛いほどに腫れあがっていました。
こんなにも可愛らしい声をした子が、これから僕の指示でぐちょぐちょになるんだ・・・って考えて下さい。
物凄く、興奮しませんか?どんな姿で、どんな風に大切なところを弄るんだろうと想像すると・・・ああ、堪りません!

この子はテレセ初挑戦だったので、僕は逸る気持ちを抑えつつ優しく相手をしました。
始めは戸惑っていた子も、場の空気に流されたのかあっという間にエッチな声になり・・・Mの気質があるのか、積極的に自分の様子を伝え、僕の興奮を煽ってくれました。
最後のほうは、いっちゃうとしか言っていませんでしたね。
そして、その瞬間にスマホを落としたのか、ゴツン!という大きな音が聞こえました(笑)

その後、この子はすっかりテレセにハマってしまい・・・今ではテレセ友達として交流を続けています。

ホテルNGなホストでもテレセはOK

アラサー、独身の私。
恋人をつくる予定はないものの、やっぱり寂しさを感じることはありまして・・・その度、お気に入りのホストのもとに通っていました。
ある程度、親しくなると欲が出るもので・・・私はいつしか、彼に抱かれたい気持ちを持つようになりました。
彼に大金をつぎ込み、月の売り上げに貢献したことも数知れません。
だから、私には自信がありました。
けれども、彼の返事は“NO”。
そういうことは出来ない、私を相手にしたら他の客からの誘いにも応じなければいけなくなると言われました。
確かに、彼の言い分も理解できます。
彼が他の客を抱くくらいなら、私も我慢して・・・綺麗なままの彼でいてほしいと思いました。
でも、大金を落とす私に対し、彼なりに思うところがあったようで・・・テレセなら出来るという返事をもらいました。
返事を貰って、帰宅後。
私は人生初のテレセに臨みました。
電話越しに聞こえてくる彼の声は、直接話す時と異なり電子的。
それなのに、それすらもいやらしく感じさせる語り口。
私は夢中で、自分の体を弄りました。
私の息遣いが荒くなるにつれ、彼の息遣いも熱いものになって・・・それが堪らなく嬉しかったです。
最後は、お互いに「イっちゃった」と教え合い、雑談をして終了。
気がつけば、窓から朝日が差し込んでいました。
私たちは、3時間近くもテレセに耽っていたのです。

Prev