テレセをマスターする最短の方法

オナ電を初めてした場合、難しいなと感じる人は多いでしょう。
セックスに慣れていても、オナ電とは手順がまるで違います。
そのためどうすればいいのか分からない、上手くできない、そんなふうに悩む人もいるかもしれません。
オナ電はとにかく経験を積めばその分上達します。
しかしなるべく早く上達したいという場合は、オナ電をマスターする最短の方法として紹介するのは「攻め言葉」です。
セックスで男性が女性に足して、攻め言葉を言う事がありますよね。
とくにSMプレイや、SMとまでもいかなくても男性は好きな女性をイジメたいという欲求はあるはずです。
そのため言葉攻めをして相手を恥ずかしがらせるプレイの一種です。
女性も羞恥心を感じる事でより身体が敏感になり、セックスが盛り上がります。
この際の攻め言葉を言うのがいい慣れていないと恥ずかしいと感じるかもしれません。
ですがここでテレてしまうと、女性が集中出来ません。
オナ電とはいつもと違う自分になりきる事を楽しむ場と割り切って、思い切って攻め言葉を言ってみましょう。
そのうち攻め言葉をいう事に快感を覚える身体になるかもしれません。
攻め言葉にはパターンがあるため、そのパターンを覚えたら、他の方法を習得するよりも早くオナ電のテクニックが身に着くと言えるでしょう。

喘ぎ声が好きなのでテレセ

声フェチで、特に女性の喘ぎ声が大好きです。
AVもよく見ますが、どうしてもAV嬢の喘ぎ声は演技が入っていて好きになれません。
なので玄人ではなく、素人の喘ぎ声が聞きたいと思い、オナ電をする事にしました。
喘ぎ声を出すためには、自分がオナ電の中でリードして、相手の女性を気持ちよくさせなければいけません。
元々凝り性な性格なので、オナ電とはどういう事を言ったり、したりすればいいのか?
いろいろ情報収集して、やり方を研究しました。
ですが情報を集めただけでは不完全です。
最初は緊張しないように、練習のつもりで初めから上手くいくものではないというつもりで臨みました。
結果はやはり上手くいきませんでしたが、オナ電の感覚は少しづつ掴めてきたと思えます。
ちょっと上達してきたかなという時に、オナ電で出会った女性が、まさに理想的な喘ぎ声の持ち主でした。
恥ずかしいのかちょっと押し殺したような小さな喘ぎ声だったので、もっと我を忘れさせるような喘ぎ声を出させたい。
そう思い、その後も何度か彼女とオナ電をしました。
そしてついに、彼女がイク時に耐えきれないような大きな喘ぎ声を出す事に成功したのです。
その達成感は大きく、喘ぎ声を聞きながら自分もイッてしまいました。
それ以降も、彼女とは継続的にオナ電を楽しむ間柄です。

0円でテレセを楽しむ裏ワザ

携帯電話会社の中には、無料通話サービスを提供するとこともあります。
有名どころは、私も活用している『ウィルコム』です。
私がウィルコムを活用してテレセを楽しむようになった背景には、物凄く悲しい事情が存在します。
当時、私は某掲示板を活用してテレセ相手を募集し、連日のように行為を楽しんでいました。
・・・使っている携帯電話の通話プランが、一切割引のないものだったことを忘れて。
長い時は、1回5時間近く通話していたでしょうか・・・当月の請求料金は、思い出したくもありません!なんたって、同僚に嘘をついて借金を申し込んだほどですから。
同僚には、故郷の両親が病気を患ったために心配して連日電話をした・・・と説明しました。
もちろん良心は痛みましたよ。
しかし、同僚はそんな私に同情してくれて、あるものの存在を教えてくれました。
それが、無料通話が可能な『ウィルコム』です。
ウィルコムを手に入れたことで、私のテレセ生活はより充実したものになりました。
もう、通話時間を気にすることも、通話料の請求に怯える必要もありません。
余談ですが、ウィルコムを活用することで0円になるのは通話料のみで、テレセ関連のサイト利用料が0円になるわけではありません。
有料サイトを介して楽しむ際は、くれぐれもご注意ください。

Prev